フリージャーナリストの詩織さんの言い分には違和感がたくさん/メタキャット

フリージャーナリストの詩織さんが元TBSワシントン支局長で安倍首相に近いと自称するジャーナリストの山口敬之氏に性的暴行を受けたとして記者会見を開きました。

 

その中で詩織氏は『「今国会において共謀罪の審議が優先され、先送りになっている強姦罪の改正案がきちんと取りあげられるべき」と主張 』しました。

 

 

詩織氏は、そんなを言わなければよかったのにと思います。

 

 

 

性的暴行を受けた詩織氏は警察に通報し、警察は山口氏を逮捕すると言ったのにもかかわらず、山口氏は逮捕されず、起訴もされなかったとそうです。

 

詩織氏が強姦被害者だとして、今回問題となるのは、「現状の強姦罪」ではなくて、検察が不起訴にした事です。

 

つまり「強姦罪の改正」は関係ありません。

 

仮に強姦罪が改正されても、上記のように起訴されないのであれば無意味です。

 

 

にもかかわらず、「共謀罪より強姦罪の改正を優先しろ」と訴えたら、目的は、単に「テロ等防止法」の成立を妨害したいだけではないかと思われてしまいます。

 

しかも、ついている弁護士は、民主党議員の弁護士です。

 

こうなってしまうと、俄かに彼女に主張が信じ難くなります。

 

 

また、詩織氏は「私の知り得ない上のパワーがあった」から山口氏が不起訴になったと思ってると語りました。

 

そんなパワーが世の中にあり、その根源が官邸であるなら、官邸は過去の疑獄事件など全部もみ消せたでしょう。

 

古くは田中角栄のロッキード事件とか。

 

それが出来ないのに、これが出来るというのはひどく珍妙です。

 

そもそも検察が不起訴にしたのは昨年という事で、何故今?と、タイミングも変です。

 

 

現状では詩織氏の言い分は「わかった」という程度で、詩織氏の言い分が正しいと思い込むのはフェアだとは言えません。

 

女性の言い分だけで男性を犯人扱いしたら、それこそ痴漢冤罪の構図です。

 

 

森友学園疑惑、加計学園疑惑、今回の詩織氏の性的暴行疑惑、全部テロ等準備罪の審議に絡みます。

 

どれもこれも、言いがかりに近い疑惑です。

 

まるで、森友でダメ、加計でデメ、だから、詩織氏の性的暴行でどうだ!

 

って感じです。

 

テロ等準備罪が成立すると、そんなに困る人たちがいるのか?って事です。

 

たとえば、ミサイルを発射しつづける、北朝鮮の「工作員」とか、政府の命令で、国民にいつでもテロリストになる事を義務付けている国防動員法を持った中共とか。

 

なるほど、上記の人々は困りそうです。やりにくくなるから。

 

 

 

女性が顔晒して告発するのは「勇気」がある事だから真実にちがいない。

 

という方々もいますが、もしも彼女が中共や北朝鮮の工作員であるなら、その程度の「勇気?」は普通に持ち合わせているでしょう。

 

あまりにも経歴がよくわからない人ですし、ジャーナリストという割には活躍が見えません。

 

 

こういう疑問が出てくるのは「今国会において共謀罪の審議が優先され、先送りになっている強姦罪の改正案がきちんと取りあげられるべき」と主張したからです。

 

話しを戻しますが、だからこそ、彼女はそんなを言わなければよかったのにと思います。

      

リゾバ(リゾートバイト)募集中![CAMP META-CAT]の募集詳細
リゾバ(リゾートバイト)募集中![CAMP META-CAT]の応募フォーム(女の子)